都営大江戸線・東京メトロ有楽町線「月島駅」徒歩1分

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科とは

耳鼻咽喉科

耳鼻科では、鼻(嗅覚)、耳(聴覚や体のバランス)、喉(発声や嚥下)といった感覚器などの頭頚部の領域で起きた病気、アレルギーやめまい、いびきといった症状を専門的に診療します。その結果、入院加療や高度な医療技術、あるいは脳神経外科など他の診療科の専門医による診療が必要と医師が判断した場合は、提携先の総合病院や専門の医療機関などをご紹介します。
難聴、耳鳴り、めまい、アレルギー性鼻炎、鼻づまりという一般的な疾患に加え平行機能障害や味覚障害、のどの違和感等もご相談頂けます。

また当院の耳鼻咽喉科診療では舌下免疫療法も行っております。

耳の病気

耳は大切な感覚器官

耳は大きく分けて外耳道、中耳、内耳の3つの部分で構成されています。外耳道は、いわゆる耳(耳介)と耳の穴であり、耳たぶで集められた様々な音を拾って中耳に伝える役目があります。中耳は、鼓膜の振動を増幅して機械的な圧力波に変換し、内耳のリンパ液に伝える役目を担っています。耳の一番奥にある内耳は、聴覚を担当する蝸牛、平衡感覚を担う前庭、三半規管で構成。中耳から届けられた圧力波を音声信号に変換し、神経組織を通じて脳に届ける役目を担っているのです。

耳は、このように「音を聞く」という機能のほか、身体の平衡感覚も司っているので、中耳炎や外耳炎、難聴などの異常や病気が生じると、私たちの生活に大きな影響が出ます。

このような症状の方はご相談を

  • 耳が痛くて気分が悪い
  • 耳に痒みがある
  • 耳の中から液体が出てきた(耳の中から異臭がする)
  • 周囲の音や声が聞こえにくくなった(自分への呼びかけに気づかないことがあった)
  • 家族や友人から「話し声が大きい」と指摘されたことがある
  • 耳鳴りがする
  • 耳の奥に違和感がする
  • 聞き間違いが増えた
  • 耳の中が塞がっているような感じがする
  • 天井がぐるぐる回るような眩暈がする
  • 耳垢が溜まっている

など

鼻の病気

鼻の役割について

鼻は、大きく分けて2つの重要な役割があります。ひとつ目は、においを嗅ぐ機能です。他の哺乳類と比較するとヒトの臭い感知能力は限定的だと言われていますが、それでも腐敗した食べ物の臭いを嗅ぎ分けたり、有毒ガスなどを察知し、食中毒やガス中毒などの危険を避けることが出来るのです。

もうひとつは、呼吸器官としての機能です。ご承知の通り、肺に送られた酸素の多い空気は、血液中に溶け込んで全身の様々な器官に運ばれ、二酸化炭素の多くなった空気を再び鼻や口から外気に排出しています。

急性鼻炎や慢性鼻炎、鼻中隔湾曲症、アレルギー性鼻炎、嗅覚障害などの鼻疾患に罹患すると、吸い込んだ空気が浄化できなくなったり、においを嗅ぎ分けられなくなるなど、様々な不都合が生じます。次のような鼻の症状が見られたときは、お早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。

このような症状の方はご相談を

  • くしゃみや鼻水が止まらない
  • 粘り気の強い鼻水が出る
  • 鼻詰まりが続いている
  • 鼻の穴の中がかゆい
  • 鼻の痛みがおさまらない
  • 鼻血がよく出る
  • いびきをかいていると言われた
  • 臭いがよく分からない
  • 鼻に出来物がある
  • 鼻やその周囲に痛みがある

など

喉の病気

喉の役割について

口腔や鼻腔、食道上部などの咽頭、気管支上部にある喉頭は、主に3つの重要な役割を担っています。ひとつ目は、食べた物を消化器系へと導いていく入り口としての役割。ふたつ目は、鼻などから取り入れられた空気から細菌などを除去し、肺などの気管支系へと導いていく入口としての役割。さらには、声を発するときには、声帯が適度な強さで閉じ、きちんとした大きさ、音色で発声できるようにするという重要な働きもあります。

そのため、咽頭炎や扁桃炎、嚥下障害、喉頭炎、唾液腺炎などの病気になると、生活の質が大きく低下します。さらに、口腔がんや咽頭がん、喉頭がんなど、治癒率が芳しくない疾患もありますので、気になる症状の見られた方はお早めに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

こんな症状の方はご相談を

  • 喉に違和感や異物感、腫れがある
  • 喉に痛みがあって気分がすぐれない
  • 声がかすれる
  • 激しい運動をしなくても呼吸が苦しくなる
  • 呼吸がゼーゼーする
  • 喉に何か異物が出来ているようだ
  • 口内炎がよくできる
  • 口腔内や喉が乾燥しやすい
  • 口臭がある
  • 咳や痰が長引いている
  • いびきがあると言われた
  • 食事の際に、食物を飲み込みにくい
  • 顎の下や首が腫れている、首を触ると痛い

など

耳鼻科で診療できる代表疾患

耳の疾患

  • 中耳炎
  • 外耳炎
  • 耳垢栓塞
  • 難聴
  • 耳鳴り
  • めまい

など

鼻の疾患

  • 鼻炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • 鼻血
  • 副鼻腔炎
  • 味覚障害

など

耳の疾患

  • 扁桃炎
  • 扁桃周囲膿瘍
  • 声のかすれ
  • 咽頭がん
  • 耳下腺炎
  • 顎下腺炎
  • ドライマウス
  • 音声障害

など

舌下免疫療法

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、100年以上も前から行われている治療法です。主には、アレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていますが、2014年より治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになり、治療が受けやすくなりました。
「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。

期待できる効果

数日で効果のでるような治療ではなく、3~5年の長期にわたり正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、症状をおさえる効果が期待できます。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。舌下免疫療法の有効率は80%以上ですが、10~20%の方に効果が少ないとの臨床結果も出ております。

治療開始時期

スギ花粉症に対して、舌下免疫療法を始める場合は飛散する3ヵ月以上前の6~12月頃を目安に開始します。安全性や効果の観点から、花粉が飛散している時期には行えません。詳しくは診察の際にご説明させて頂きます。

服用方法

治療薬を舌の下に置き、おくすりごとに定められた時間保持したあと、飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えます。初めての服用は、医療機関で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。

治療が受けられない方

  • 対象のアレルギー(スギ花粉症、ダニ)ではない方
  • 重度の気管支喘息や癌の治療中または経過観察中の方

治療に注意が必要な方

  • アレルゲンを使った治療や検査によってアレルギー症状をおこしたことがある方
  • 気管支喘息の方
  • 65歳以上の方
  • 妊婦の方、授乳中の方
  • 抜歯後や口の中の術後、または口の中に傷や炎症などがある方
  • 重症の心疾患、肺疾患及び高血圧症がある方
  • 他に服用中のおくすりがある方(非選択的β遮断薬、三環系抗うつ薬、モノアミンオキシダーゼ阻害薬<MAOIなど>)
  • 全身性ステロイド薬の投与を受けている方
  • 対象以外のアレルゲンに対しても反応性が高い方

費用について

3割負担の方で毎月、診察代と薬代を合わせて2,000~2,500円程度の自己負担があります。またその他、検査等があれば別途費用がかかってきます。

月島ふれあいクリニック

診療科目
小児科、皮膚科、耳鼻咽喉科
所在地
〒104-0051
東京都中央区佃2-20-5 月島医療ステーション 3F・4F・5F
※2Fが総合受付になります
アクセス
都営大江戸線・東京メトロ有楽町線「月島駅」4番出口から徒歩1分
受付時間 日祝
9:30~13:15
15:00~18:30

※1受付時間を過ぎる場合はクリニック迄お電話ください
※2現在診療科目により診療時間等が一部変更になっております。
詳しくは診療予定表をご確認ください。
ご迷惑おかけいたします。
休診日:土曜午後、日曜、祝日